風力査定のクイックガイド

風力査定は、予想、決断、風力資源の監視過程と称されていて、実行されて風速と風圧を指定の現地で確認します。風力資源;は本質的に環境に優しく、再生可能なエネルギーを最も保証する資源のひとつとして考えられています。

風力査定は、特定のプロジェクトで投資者への財政援助と信頼を得るのによく役立ちます。入手可能な風力資源の綿密な理解を提供して、プロジェクトのために高い期待が設定されることができます。しかし風力査定の本来の目的は、適切な計画と細かな研究を伴って風力査定が実行される時にのみ達成されます。あなたの計画は、測定パラメーター、正しいタイプの機器、その費用と上記のあらゆる高品質に対して最優先にすべきです。場所と現地についてもよく知っておくべきで、すべて最も重要です;データは専門知識を持って計算され取り扱われなければなりません。

wind farm via Logic Energy

風サイト査定の手助けで、開発者は、風力発電所の潜在性を予測します。風力発電所は風車かタービンで構成されていて、風を通じて電力を生成するために使用されます。

最初に風力発電所は19世紀に開発され、その後、風力査定工程に結びつきました。 風速のわずかな違いが風力に大きな影響を与えます。それは風力が風速の三乗に比例しているからです。この風力査定工程は、風速と風向のわずかな変化がプロジェクトに重大な財政影響を与えるっことがあるので、危険なだけでなく、非常に重要でもあります。

風向は通常、風向計、吹流しで査定され、一方で 風力計 は、風速を測定するのに使用されます。 SODAR- 音波探知測距装置も風速と風向を予測するのに使用され、地上100フィートまで風速を予測できます。これは風力監視研究の間に風邪マストと一緒によく使用されます。もうひとつの風力査定の方法は、ウインドマップの使用で、一般的に政府により発行されます。これらのマップは一定の国の風力開発の高い可能性がある地域を表示します。信マップは信頼するほど十分に精密ではありませんが、風力測定研究用の風マストを設定する価値があるかどうかを決定するのに非常に役立てることができます。

気象観測所 も、逆に、費用有効性のために最も一般的な手法のひとつです。気象観測所や、 測定所は、データを生み出すのに役立つ風力計、風向計、センサーが提供されます。このデータは、風力の年間表示を計算するためには最低1年間記録しなければなりませんが、1年以上だとより信頼できる結果を作ることができます。入手可能な データレコーダーやデータロガーは豊富にあり、シンプルなストリップチャートからパソコンで使用可能な電子オンボードカードまであります。 最高のデータレコーダーは、様々なタイプのセンサー、センサーの数、測定パラメーター、サンプリング/レコーディング間隔がついた電子レコーダーです。もっと重要なことは、データレコーダーは内部データを保存できなければならないことで、検索データを提供して、バッテリー電力で操作できます。これらのタイプのシステムは大中規模の風力タービンにぴったりですが、小規模な風力タービンには最適な風サイト査定を行うにはいくつか疑問が生じるかも知れません。

Logic Energyが小規模な風力タービンマーケットに提供するひとつのソリューションは、 WindTrackerです – エドアルド曰はく …

WindTracker が生み出す風力レポートに関する良い点は、本当の データに基づいていることで、選択したどんな風力タービンで生成されたエネルギーでも直接変換できることです。推測仕事、推定、天気予報でなく、ただの本物の数字。これらすべてが意味することは、あなたの小規模の風力タービンプロジェクトに本当のkWh£/$/€ を得ることです。

 

大きな風力発電所では、複数の気象観測所が設置されています。風速は風力発電所の複雑性と荒天によって変動することがあります。風速は大体、丘、木と建物の近くで影響されます。一部の計算がタワーのひとつで損なわれても、他のタワーで記録されます。タワーに近づいて取り付けるほど、精密な計算のチャンスが一層あります。


 

著者 エドアルド・エステルス

 LogicEnergy

LOGIC ENERGY 

1 Ainslie Road, 

Hillington Park 

Glasgow, イギリス



コメントを残す

コメントは現れる前に承認されます。

買い物かごは空です 小計 注文書 チェックアウト 続ける