MAKE WIND PAY

Make Wind Payは、 小中の風サイト査定時に必要とされる典型的な手順の指示として私が書いた小さな報告書。

こちらからpdfドキュメントをダウンロードできます: MAKE WIND PAY 報告書

ご自由に使い、好きなだけ配布してください。我々がお願いしたいことは、本ドキュメント使用の際に我々の仕事について話してくれることだけです。

下記はドキュメントのプレビューです:

 

2.2    よくある一般的な質問

風の記録を出すのにどれぐらい時間が必要ですか?

最低1年記録を出すことを強く勧めます。

機器はどれぐらいの精度が必要ですか?

風力計は最低1%の精度と0.1m/sの分析が必要です。クラス 1 風力計には、風力計と風向計の精度を確認している追跡可能な証明書がついています。

小型の経済的なウインドセンサーは、 +/-5%の精度が出がちですが +/-5%精度測定機器で頻繁に校正されます。これに加えて、天候は毎年±20%、変動します。

これらのすべての許容誤差はROIの点ではどういう意味でしょうか? 精密機器を使用しないとエネルギー計算は、72% から 132%、はずれることがあります。 これは品質と風マストの着座を考慮していません。

風力タービンは大きな投資で、熟知して決定すべきです。同様に、潜在的な現地がエネルギーに関して過剰評価することができるのと同じやり方で、潜在的な現場や顧客を失って読みが甘くなることがあります。

 

 


図4

光学電子変成器と交流発電機はその丈夫さで最も適切な変圧器であることが証明されました。



コメントを残す

コメントは現れる前に承認されます。

買い物かごは空です 小計 注文書 チェックアウト 続ける