GSM インターネット風力データロガー

GSM経由遠隔風力監視

   GSM wind monitoring for wind site assessment, acoustics and construction.   Logic Energy wind monitoring web portal

GSM 風サイト、音響効果、建築用GSM風力監視

どんな必要性にもカスタマイズが可能。問い合わせ をお願いします。

風力監視アプリケーションに理想的: 遠隔風サイト査定、風力タービン計画アプリケーション用風騒音監視と音響効果、建設現場の安全性と気候論争(詳細にはWINDCRANE をご覧ください)

LeNETmobile、当社の GPRS 遠隔監視ユニットは、ビルトインのセントラルウェブサーバーポータルと結合したハードウェアデータロガーで、ほとんどリアルタイムですべてのデータにアクセスすします。ハードウェアとリモートソフトウェアのこのハイブリッドで、どんなデバイスの取り付けも簡単にします。重要なことは下記のことを非常にすばやくできることです:

  • 現場で必要とされるセットアップや校正の必要なくデータロガーにセンサーを接続。
  •  LeNETmobile GSM ウインドデータロガ監視ユニットとしてすでにプログラムされているので、プログラムする必要がありません
  • 瞬時にLogic Energy ウェブポータル経由ですべて離れてセンターに開アクセスして校正をセットアップ(10分毎に更新)
  • ウェブのどこからでもあなたのデータを見てダウンロード、全てのデータロガーデータはウェブで10分毎に自動的にバックアップされます。

LeNETmobileのオプションは幅広いので、お気軽にお問合せしてください。あなたの特定の必要性で見積もり 依頼をしてください

当社の LeNETmobile Wind ProLeNETmobile アドバンス に関する一般情報をダウンロードする 


下記は、GSM/GPRS ソリューションに関する当社の一部のユーザーの考え:

ヒュー・ピゴット:

"20年以上に渡ってデータ監視機器を使っているが、これはまったく違う。いつでもどこでもデータを出して、それから選択した時間周期と間隔の間に座標で描かれたいくつかの変数だけをチェックすることができる。大きなファイルをダウンロードしてファイルすることによってデータの追跡を維持することを望んでいた以前のロガーよりも断然インタラクティブ。エクセルファイルでもダウンロードできる。 


本ロガーは非常に早くて取り付けが簡単なので、多様なプロジェクトに複数の現場で使用に適している。主なアプリケーションは風力監視なので、もちろんそれに理想的だがその他多数の入力チャンネルがあり、回転数、電圧、温度、電流等特定するためにすばやく構成される。これは、物事を監視して最初の操作時間がどんな予期せぬ事も投じないことを確認したいだけの場所でのパーフォーマンスの監視とシステムの委託の両用ハンディーツール。

ロガーに必要な電源は最小限なので、小さな12Vバッテリーとソーラーパネルで使用できるが、もちろんセンサーには極めて電力需要が高いので全ロギングシステムを維持する前にこれらの査定をすることが賢明である。オンラインデータインターフェース経由で簡単にバッテリー電圧を確認することができる。

風速と風力タービンの性能に目を注ぐ必要がある人にはLogic Energy モバイルロガーをお薦めする。"


 ジョン・スマニック - リアリー (シェフィールド大学)

"僕らはスコットランドの北西海岸で実施テストキャンペーンを終了させるために、Logic Energy ソーラーパワー IP67 14 チャンネルGSM ロガーを使った。

事例は文字通り防弾 - 飛行機からこの物を落とすのは快適だった!

シェフィールド大学の私のオフィスでLogic Energy GSM ロガーから得るデータを見れる便利さは、システム全体に目を配り全データセットをだめにする前に小さな問題を得ることができたので、僕らには非常に使いやすいことを表していた。"

買い物かごは空です 小計 注文書 チェックアウト 続ける